重大な疾患の早期発見に必要

知りたい!眼科検診の受け方

重大な疾患の早期発見に必要

重大な疾患の早期発見に必要 眼科検診は一般的な健康診断と比べてまだ一般的ではありません。
しかし他の健康診断と同じく、重大な疾患の早期発見に重要な役割を果たしています。
たとえば緑内障は進行すれば失明してしまう恐ろしい病気ですが、病気の初期には自覚症状がありません。
視野の一部が欠ける、あるいは歩いていて物や人にぶつかることが増えたなど何かおかしいと気づいて眼科を受診したところ、緑内障が進行していたということがあります。
緑内障になっても痛みや目の違和感を感じることがないので気づくのがどうしても遅れてしまうのです。
視野が一旦欠けてしまうともう取り戻せません。この病気は薬で進行を抑える他に治療法はないのです。
ですから眼科検診で眼圧を測り、もし眼圧が高ければ精密検査をしてこの病気かどうか診断してもらい、早期に服薬治療を行うのが失明を避ける最も有効な方法なのです。
また白内障も眼科検診でわかります。
こちらは手術で改善できる病気です。

眼科検診では症状があるなら相談をするのがポイント

眼科検診では症状があるなら相談をするのがポイント 健康診断などについている、眼科検診は症状が出ているなら相談をすることでより早期の病気の発見につなげることができます。
眼科検診では、眼圧や視野などいろいろな検査が行われることがありますが、そこで何らかの異常が見つかった場合には、医療機関を受診して相談をすることになります。

これは、早期にした方がより早く症状を改善できる可能性が高くなりますし、重大な病気が隠されていることがありますので注意が必要です。
眼科検診だけでは見つけられない病気も中にはありますが、何らかの異常が見つかった場合には早期に受診するようにしましょう。

検診の結果をもって病院にいくことで、ドクターもその結果から病気を把握しやすくなりますしスムーズに治療が進められます。
目の病気は放置しておくと悪化したり進行して後悔することになることも多いので、なるべく時間を作って早めにクリニックを受診して詳しく調べてもらうようにするのがおすすめです。

新着情報

◎2023/9/20

情報を更新しました。
>眼科検診を定期的に受けたい理由は眼病を進行させないため
>無料の眼科検診を受けて花粉症の予防を行う
>大切な目を守るなら手頃な料金で定期的な眼科検診をしよう
>視力のトラブルには眼科検診を受けに行こう
>眼科検診で分かるおもな病気について知っておきましょう

◎2022/11/11

情報を更新しました。
>目の健康のために総合病院で眼科検診を受ける
>眼科検診で痛みを感じることはないので安心
>子供の目の発達に重要な早期の眼科検診について
>コンタクトレンズの使用中は眼科検診が大切
>眼科検診の時間はそこまで長くなることはないので安心

◎2020/11/16

重大な疾患の早期発見に必要
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

視力の衰えだけでなく失明予防にも
の情報を更新しました。

◎2020/7/14

検査費用と医療費控除申請方法
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

判定結果を読み解く
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

眼科検診を受けてわかること
の情報を更新しました。

◎2019/12/27

サイト公開しました

「眼科 疾患」
に関連するツイート
Twitter

ワー しってるか 明らかな消化器系以外の腹痛は外科 怪我は基本的には整形外科 首から上の打撲は脳神経外科 顔の創傷は皮膚科 目の周りはたとえ皮膚疾患でも眼科

2024年3月31日をもちまして、コンタクトレンズ・オルソケラトロジー新規処方を中止します。 コンタクトレンズ・オルソケラトロジーの処方に費やしていたマンパワーを白内障や緑内障等の眼科疾患の治療に充てるための苦渋の決断でした。 既に当院で処方されている方は、従来通り対応します。

腰骨と筋肉の境目あたりを押すと腰痛を和らげます。 大阪市中央区の鍼灸院天空です。 眼科疾患、眼精疲労に有効な眼科鍼灸も得意です。 痛くなく、熱くない鍼灸でお悩みを解決します。

ところで、長らくのご無沙汰の理由ですが、ワタクシ、老化由来の眼科疾患の手術をしました。両眼とも。 還暦を迎えたとは言え、さすがに私の年齢でこの手術をするのはかなり若い方で、同時に手術を受けられる方はほとんどアラ80のお兄様お姉様ばかりでした。

返信先:眼科は余程のことがないとなかなか行かないので、目の疾患の進行にも気づきにくいみたいです。年齢とともに体各所に加齢現象が出てくることを受け止めていかないとな😌と自分もそんなことを考えることが増えました^^大切な眼✨手術がうまくいきますように🍀

Copyright (C) 2019 知りたい!眼科検診の受け方. All Rights Reserved.